鉄筋技能士検定試験

鉄筋技能士とは

技能検定とは、職業能力開発促進法に基づき、受験者が持っている技能や知識を一定の基準によって検定し、公証する試験で、そのことにより皆さんの技能がいっそう磨かれ、また皆さんの社会的・経済的地位の向上を図ることを目的とした国家資格制度です。
鉄筋技能士検定は、「鉄筋組み立て作業」と「鉄筋施工図作成作業」の2作業に区分され、どちらの作業にも「1級」と「2級」があり、受験者が経験年数に応じて選択して受検します。また、それぞれ学科試験と実技試験とによって実施されます。  
技能検定に合格した人は、1級は厚生労働大臣の、2級は東京都知事の合格書と技能士章が交付され、職業能力開発促進法に基づき「鉄筋技能士」と称することができます。

2級 実務経験のみ2年以上
1級 実務経験のみ7年以上もしくは、2級合格後、実務経験を2年以上
※検定種目と同一の職業訓練、専門学校を卒業した場合は短縮制度が適用されます。自分が適用されるかどうかは以下の表を参照してください。
対象者 1級 2級
対象 無資格で 2級取得から 3級取得から 無資格で 3級取得から
実務経験のみ 7年 2年 4年 2年 0年
職業高校卒業 6年 2年 4年 0年 0年
短大(工学部等)
高専卒業
5年 2年 4年 0年 0年
大学(工学部等)
卒業
5年 2年 4年 0年 0年
専修学校又は
各種専門学校
800h以上
6年 2年 4年 0年 0年
専修学校又は
各種専門学校
3,200h以上
4年 2年 4年 0年 0年
普通過程の
普通職業訓練修了
2,800h未満
6年 2年 4年 0年 0年
普通過程の
普通職業訓練修了
2,800h以上
4年 2年 4年 0年 0年
専門課程の
高度職業訓練修了
3年 1年 2年 0年 0年
応用課程の
高度職業訓練修了
1年 1年 1年 0年 0年
職業訓練指導員
免許取得
1年 1年 1年 0年 0年

実技試験の概要

鉄筋組立て作業
2級 曲げ加工した鉄筋を使用し、図面及び仕様に従い、
基礎・柱・基礎梁の取合い部の鉄筋の組立を行う。基礎梁には2段筋はない。
(作業時間 標準時間1時間20分 延長時間20分)
1級 2級の課題と同じ形に、基礎梁4台に上下筋とも2段筋が加わる。
(作業時間 標準時間1時間40分 延長時間30分)
施工図作成作業
2級 曲げ加工した鉄筋を使用し、図面及び仕様に従い、
基礎・柱・基礎梁の取合い部の鉄筋の組立を行う。基礎梁には2段筋はない。
(作業時間 標準時間1時間20分 延長時間20分)
1級 2階建て鉄筋コンクリート造の建築物の梁、床伏図、断面リスト等に基づき
柱、梁及び小梁の鉄筋施工図並びに加工エフの作成を行う。
(作業時間 3時間)

鉄筋技能士合格者数

現在最新情報を準備中です。

区分 鉄筋組立作業 施工図作成作業
全国
東京都

コメントは受け付けていません。