登録鉄筋基幹技能者

基幹技能者制度は、平成20年4月1日より、建設業法の改正により国土交通大臣登録制度となりました。

平成22年2月22日現在

東京鉄筋工業協会の登録鉄筋基幹技能者数は、108名です。(平成22年10月現在)

登録鉄筋基幹技能者とは?

鉄筋基幹技能者とは、現場で働く鉄筋技 能者を束ね、指示指導しながら「鉄筋工事の 責任施工」を実施する熟練技能者で、上級 職長に位置づけられる、文字通り技能者の最高峰に立つ大変有能な鉄筋技能者です。
この資格は、国土交通省が建設業構造改善事業の一環として作成した「基幹技能者 の確保・育成・活用に関する基本指針」に基 づいて(社)全国鉄筋工事業協会が認定する 国土交通省の登録資格です。
現在、この資格制度を取り入れている業種は、 鉄筋をはじめ21職種になっております。

登録鉄筋基幹技能者の役割

  1. 施工範囲の確認 (契約に含まれる施工範囲の確認・調整) 
  2. 施工方法の確認(仮設工事、施工順序、施工上検討項目の確認)  
  3. 施工方法の提案(新工法、工法改善、設計変更等の提案)  
  4. 品質管理(自主的配筋検査と不具合箇所の処置)
  5. 工程管理(元請、他職との工期打合せと労務手配)
  6. 安全衛生管理(現場での安全衛生責任者を務める)  
  7. 原価管理(各部位別の歩掛かり把握と契約範囲の把握)  
  8. 他職種との連絡調整 (とび土工、大工、設備業者等との打合せ)

登録鉄筋基幹技能者カリキュラムの一例

9:00〜12:00 13:00〜17:00
1日目 開校式・基幹技能者概論・原価管理 昼食 建設概論・関係仕様・法規等
2日目 品質管理 昼食 施工管理(設計者から見た配筋)
3日目 安全・衛生・環境管理
新工法・工法改善事例研究
昼食 修了試験・業界幹部講話・終了式

コメントは受け付けていません。